MEO対策が
どのようなものか知ろう

MEO対策では口コミや評価を増やす

今は広告と言えばテレビや新聞などが知られていますが、それらがない時代は口コミが重要な広告でした。実際に利用した人などがその情報を人づてに知らせ、いい情報ならそれを聞きつけて来客数が増えますし逆に良くない情報だと来客数を減らしてしまいます。テレビなどが利用されると口コミは二次的な広告になりあまり重視されにくくなりましたが、ネットの利用が広がるにつれて再認識されるようになりました。ネットを通じて個々が情報発信しやすくなりその情報を見た人が来客しようと考えたり逆に控えようとします。多くの人がネットの口コミや評価を見る時代になっています。お店の運営をする上では来客数を増やそうとすることがありその時にMEO対策が良いと言われるでしょう。SEOはお店のホームページの来客を増やそうとする施策で、ホームページを変更したりリンクされやすくするなどの工夫が必要でした。

MEO対策は主にお店などを運営する人が行う施策で、地図情報から検索するときに上位表示させるのに役立ちます。地図情報を提供する会社に登録しておけば表示される元はできるもののそれだけで上位表示されるわけではありません。同じような対象があればその中で最も良いお店が上位に表示される仕組みになっています。MEO対策によって地図情報で上位に表示させる方法として口コミや評価を増やす方法が挙げられます。地図情報に登録をしておくとそのお店の利用者が口コミ情報を書き込めます。この情報が多ければ利用者が多いと判断され他のお店よりも良い評価が得られやすくなります。来客数が同じであっても口コミ数が多い方が上位に表示されるためその後の客数に影響するでしょう。
MEO対策としては評価を増やすことも大事で、口コミと一緒に評価情報も入力してもらいます。こちらも件数が多ければ来店数が多いとされより上位に表示されやすくなります。お客さん自身は地図情報を見てお店に来るだけなので口コミや評価の仕組みを知らないこともあります。MEO対策としてはまずは知り合いや常連のお客さんにお願いして口コミや評価を入れてもらうようにしましょう。

このとき無理に知らない人に対して口コミを入力してもらうのは良くありません。お願いするのはあくまでも知り合いにとどめておきます。口コミや評価の内容を見てお客さんが増える可能性があり来客数アップにつなげられます。それ以外のMEO対策としては口コミや評価を元にした店の改革でしょう。厳しい口コミがあればそれを改善すればよい口コミを増やせ来客を増やせます。




Pon Pon太郎
カメラと食べ歩きが趣味で、Googleマップに関する知識を深めるため、日々GoogleマップおよびGoogleマイビジネスの情報を発信しています。